ドライヤー選ぶべきキーワードの1つは《低温》です

どうも大阪 心斎橋で美容師してる【デザインとは素材が大切♡】竹中です。

皆さんは「髪がダメージする原因とは?」と質問されると何て答えますか?

例えば、カラーリングやパーマによる薬剤ダメージ、紫外線によるダメージ、ドライヤーの熱によるダメージ、摩擦など。

他にもあると思いますが、ざっとこれぐらいにしておきましょう(本題は別なんで)

色んな要因がある中で今回はドライヤーの熱によるダメージについての話。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

熱ダメージとおすすめ商品

今回のポイント

✔ドライヤーの吹き出し口の温度

✔熱によるタンパク変性

ドライヤーの吹き出し口の温度

まず一般的なドライヤーの吹き出し口の温度は100~120度ほどで、(それってかなり熱いよね)中には140度くらいの商品もあります。

温度が高いと『早く乾きそう♪』と思われる方も多いのでは?

確かに正解ですが、いつものご自身の乾かし方を少し思い出してください。

片手でドライヤーを握り、もう片方は何もしないorたまに振り動かす。そんな感じですか?

片手だと表面により多く温風があたるため、内側が乾くころには表面はオーバードライしてる可能性があります

そうなってくると温度と風量が高い、強いドライヤーが一概にオススメとは限らない。

熱によるタンパク変性

生卵をお湯で温めるとゆで卵になるけど、一度ゆで卵になれば元の生卵には戻らない。これ当然ですよね。

卵はタンパク質で髪も同じタンパク質です。すると髪にも熱を加えると元の形(ここ大事!)に戻らない。

つまり髪に、ある温度以上の熱をあてるとタンパク変性(形が変わっちゃう)がおきて元には戻らないってこと。

ではその温度とは?

約60度でタンパク変性が始まると言われてます。

先の話に戻りますが“一般的なドライヤーの吹き出し口の温度は100~120度”

通常10~15cmくらいは髪から離してドライするけどそれでも80~90度ほど(10~20度くらいは下がる)

要は、高温のドライヤーで毎日髪を乾かし続けると、当然髪は熱で硬くなる。

硬くなるとおさまりや扱いづらさに繋がる。

するとドライヤーで髪を傷めないようにするには高温ではなく、《低温》が1つキーワードになってくる。

ドライヤーの吹き出し口の温度が80度以下であれば、使う距離を考慮して約60~70度。《低温》の条件として当てはまる。

すなわちタンパク変性が極めておきにくい条件になる。

で、このブログでも何度か紹介したドライヤー、【復元ドライヤー】がその条件を満たしてるので僕のオススメ~♪

*ネット販売は安いけど、メーカーの保障外なので注意!!

復元ドライヤーはたくさんの特徴(特許なども)を兼ね備えた商品だけど、こと《低温》に関しては実際に使用し、体感すると納得してもらえると思う。

これから新生活で忙しい中、髪の毛のことを少し考える余裕が出来たら思い出して下さい。

ドライヤー買い換えるならキーワードは《低温》

ではでは~

はじめまして、大阪 心斎橋にある美容室 releaseの 竹中大です。【デザインとは素材が大切】をコンセプトに・デザイン・ケアの両方の提案を心がけサロンワークしています。お客様にしっかり“向き合う”を心がけ、お客様の『叶えたい』を大切に、提案&お手伝いを致します。こちらのBlogやLINEを通じお客様とのフィット性、ニーズの深い部分まで手助けが出来るようにと奮闘中です♪

ご予約、カラー&ヘアケア特集はコチラ→https://linktr.ee/hajimehair

LINE@からもご質問承っております 友だち追加
出勤日程
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする☆

フォローして更新をGet♪ LINE@で事前カウンセリング&相談

プッシュ通知を受け取る
インスタ

Please enter an Access Token on the Instagram Feed plugin Settings page.