竹中氏の根底にあるスタイル撮影のロジックセミナー

どうも大阪 心斎橋で美容師してる【デザインとは素材が大切♡】竹中です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

僕の根底にあるスタイル撮影のロジックを伝えてみた。

スタッフに、[撮影におけるスタイル作り]を休みを使って今回伝えてみた。

*偉そうに書いてますが大したことないのでww

くずし、ラフ感、ほつれ、ニュアンス、

など

動きのある中での自然な一瞬を切り取った1コマ。

そんなのが今っぽかったりするんだけど、今の時代から撮影を始めた子は、

なんとな~く仕上がったのを見て「OK!今っぽい!!」ってなってる子が多いのかな?とスタッフのスタイルを見てて思う。

さらにSNSで情報は好きな時にいつでも手に入るので、出来る(近い)気になってる子が多い気がする。

撮影に要する時間

頭や顔の形

修正する上でのファイブポイント

束の出し方、束の繋がり

6:4

etc、、、

言い出したら切りがないくらいある項目。僕が考える根底にある基本。

そんな内容を5時間使い、伝えてみました。

@uratoshi

@aijimatsui

今までやって来て、経験して来た2人だから言えるコメント。

「みんな、足踏み揃えてー!」

そんな底上げモードではなく、やらない子は前に進まず、やる子だけがより(加速して)前に進める時代。

楽しいイイ時代だなぁ。

今回[撮影]ってひとくくりに伝え、社内で募集を募ったけど、《顔の見え方や頭の形に対して、メリハリに束の動かし方》なんかは普通にサロンワークに直結する内容なんだなぁー。

受けた2人がこれから意識して持続するかは別として、今回受けて無い子はそれだけ差が開いちゃったって事ねぇ。(「南無~~…」)

タイミングは全部自分が決めてるって事に、早く気づいてねぇ。“きっかけ”と“手を差し伸べる”は僕の中では違うから。

はじめまして、大阪 心斎橋にある美容室 releaseの 竹中大です。【デザインとは素材が大切】をコンセプトに・デザイン・ケアの両方の提案を心がけサロンワークしています。お客様にしっかり“向き合う”を心がけ、お客様の『叶えたい』を大切に、提案&お手伝いを致します。こちらのBlogやLINEを通じお客様とのフィット性、ニーズの深い部分まで手助けが出来るようにと奮闘中です♪

ご予約、カラー&ヘアケア特集はコチラ→https://linktr.ee/hajimehair