スタッフ側も再認識した方がいいかもねぇ

おはようございますー、こんにちは。

昨日(火曜)の朝から左目の調子がよくないです。目が痛く、しょぼしょぼチクチクしてます。なぜか原因が分からず昼過ぎまで過ごしました。

昼過ぎ辺りに少し思い当たる節があり、ある仮説を立ててみました。

7日(月曜)→熱帯魚の水槽→新しい水槽に魚達をお引越し→左目に水槽の水がはねて入る→数分後→水道水で適当に目を濡らした→ばい菌かな?

これからはしっかりと洗おうと決意した、竹中です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

考え抜くしかない

「美容室の倒産数が過去10年で最多」

https://www.google.co.jp/amp/s/www.sankeibiz.jp/business/amp/181217/bsd1812170645001-a.htm

年末、年明けに類似の記事をよく見かけましたね。

美容師にとっては先々が思いやられる記事内容ですねぇ。

今の業界の流れや、オーバーストアーを考慮すると、倒産などは当然でしょう。倒産の文字がクローズアップされていますが、倒産せずとも縮小(店舗閉店)せざるを得ない会社も含めると一体どれだけの数になるんでしょう?

「当然」と言ってしまうと、当人を目の前にしたら、返ってくる言葉は想像出来ますが、僕も数年前までは美容室を経営する個人事業主でしたから気持ちは分かっているつもりです。

おはようございます、こんにちは。 足底腱膜炎って謎の病気?(病気って表現があってんのかは??)に悩まされてます。起床時に一...

(前回の記事ですが読まなくても先の理解は出来ます)

オーナーとスタッフの関係

とは言え、以前のブログでも軽く触れてはいますが、個人店ってのが気になります。

大型店が体力があり、個人店が体力がない。だから個人店の方が結果、倒産に追いやられてるって解釈ではなく、

良い意味で個人店ってのはオーナーとスタッフの関係も密で、例えばサロン立ちあげ時の初期メンバーは前サロンのスタッフだったり、オーナーの親友の可能性が高いと思うんです。

そんな中、今まで働いてきたサロンがある日、無くなるとなると『そのスタッフの行く先は? 次に働くサロンはどこに?』

自分と置き換えると不安で眠れなくなりますねぇ。そう考えると「雇用=安心」ではなくなります。

つまり雇用されていてもなんらかの手段は用意しておかないと、これから先は不安ですねぇ。

働き方」ってのはこれから個人個人がしっかりと考えておかなければならないですねぇ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

個で考えるより、チームで考えた方が更に面白いことが出来る気がします。グループサロン「オリエンタルエンタメ会議」に興味を持ってくれる方はこちらまで。みんなで面白いエンタメを考えましょ!

*ROM専用(読むだけ)で意見を出さなくて大丈夫ッスよ。

オリエンタルエンタメ会議

はじめまして、大阪 心斎橋にある美容室 releaseの 竹中大です。【デザインとは素材が大切】をコンセプトに・デザイン・ケアの両方の提案を心がけサロンワークしています。お客様にしっかり“向き合う”を心がけ、お客様の『叶えたい』を大切に、提案&お手伝いを致します。こちらのBlogやLINEを通じお客様とのフィット性、ニーズの深い部分まで手助けが出来るようにと奮闘中です♪

ご予約、SNS→https://linktr.ee/hajimehair