Vol.13 【問題点と向き合う】

タイミング的にそろそろかなと思い、僕が主催してるグループサロン内に投稿している記事をオープンな場にアップしていこうと思います。

時系列でお届けしてまーす。

内容に興味、共感をいただけたら記事下にあるリンクアドレスから参加出来ます(無料っス)

では、どうぞ。

―――

2月13日

前回の説明でシェアサロンの概要は少し理解頂けたですかねぇ? まだまだぼんやりと構想中です。

前回説明したシェアサロンは実際に東京に存在しています。しかし関西にはまだ大々的にはありませんが出店予定はあるみたいです。

簡単に言ってしまうと同じ様なサロンを真似て作るのは可能です。

ただ僕の考えの本質は『美容師さんに楽しんで仕事をしてほしい』であり、その為の『働き方の選択肢』であり、僕の趣旨はそこに『エンタメを感じるか?』です。

あくまでシェアサロンは手段の1つで、目的ではないんですね。

一見遠まりにもみえるグループサロンを作った目的は、ここでのディスカッションや皆さんの意見を参考にし、シェアサロンにも『エンタメ』をソースしたいからです。

作り手と利用がドキドキ、ワクワクするような新しい取組みです。皆さんまた意見などよろしくお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

問題点

さて話は変わり、先日メンバーと対話してて上がったシェアサロンの問題点(疑問点)です。

前回の話の流れから想像して頂きたいのですが、利用者は個人事業主です。もう一つ加えると既に顧客を持ってます。それを踏まえたうえで読んで下さい。

[問題点]

サロンとして集客をかけなければ、そのうち顧客が減り、長い目でみたらスタッフは辞めてしまうのではないか?

その時の僕の見解は以下の通りで、

個人事業主なので、集客は個人でする事であり、会社として予算をかける必要ってあるの?

ただその日は結論は出ず、平行線の言い合いで終わりました。

『残ってもらえる理由』皆さんの見解を良ければ教え下さい。

[追伸]
僕はポンコツなので話してから2週間もかかり、大きな勘違いというか、視点が違ってた事に気付きました。

―――

【オリエンタルエンタメ会議】

内容の基本は僕、「竹中物語」です。
目標に向けて、今考えてることや悩んでることをメンバーの方とディスカッションしてます。

▼興味がある方はコチラ
https://m.facebook.com/groups/593393787786082?ref=bookmarks

自分を変えたければ行動力がとても大切と思ってます。

行動したなら笑うことも重要です。行動力の先に楽しさがあり、経験値がインプットされます。

しかし、自身の本質は変えれません

私は「0→1の閃きは苦手です」なので閃きは違う誰かに任せ、実現させるための行動や構築は得意です。

またチームで挑めばお互いの得意分野をブラッシュアップ、足りない部分はフォローし合えます。

最後に、縦に積み重ねていくのは素晴らしいことです。ですがそれを横に広げた方が、自分だけではなくお互いが、より強くなります。違うジャンルならそれは他にちょっと真似出来ない内容になります。今、SNS時代でそれが可能です。

オリジナルより、「かけ算の法則」で発想出来る自分になりたいと思います。一緒にワクワクを楽しみましょう♪

オリエンタルエンタメ会議