【1D/m】驚愕! 1レベルのカラー剤

どうも大阪 心斎橋 (南船場 )の【デザインとは素材が大切♡】release 竹中です。

アッシュって様々なアッシュがある。同じメーカーでもブルー系やグリーン系、またはグレー系などなど。。。

その様々なアッシュを混ぜれば混ぜるほど、《濁り》や〈えぐみ〉が増していき結果、彩度が感じにくく、仕上がりの色味をお客さんが認識しにくい。

そこで僕の根本にある考え方は、

単品でカラーメイクできるなら単品で!

*複数の剤を混ぜない

基本的には、1本のカラー剤に対して単品でも明度&彩度がちゃんと表現出来る様に作られてます。

もう少し言うと何種類かの色味を混ぜ合わせ1本のカラー剤が存在する。

ただ各メーカーを比べるとアッシュ1つを比べても仕上がりにかなり違いが出ます。

同じレベルのアッシュを使用すると 「へぇー、このメーカーはアッシュがうすいなぁ…」

みたいな事が当然おきます。すなわちメーカーによってアッシュの表現が異なる。

では逆に薬を2色、3色とミックスする理由については、

人それぞれ持ってる色素が違うのと、染め前のbeforeの状態が違うので、希望の仕上がりに対して足りない色味を何点かチョイスする。

って、まぁ〜こんな感じです。

しかも日本人は赤みが多いですしねぇ…

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1レベルのカラー剤

最近グレーアッシュを希望される方が多い。

そこで、こんなアイテムがあれば便利だなと。

1レベル、色味はグレー系のDULL(ダル)

なんと1レベルです。この1レベルって各メーカー探しても全然ありません。

あったとしてもナチュラル系です。

「1レベルで、しかも彩度表現が出来るグレー系」

メインのカラーレシピに10~15%くらい配合する事で、より外国人ぽさが表現出来る。

最近、1ダルのスパイス頻度が多くなって来ました。これもキャラデコ(中野製薬)ならではの面白さですねぇ~♪

ではでは~~

自分を変えたければ行動力がとても大切と思ってます。

行動したなら笑うことも重要です。行動力の先に楽しさがあり、経験値がインプットされます。

しかし、自身の本質は変えれません

私は「0→1の閃きは苦手です」なので閃きは違う誰かに任せ、実現させるための行動や構築は得意です。

またチームで挑めばお互いの得意分野をブラッシュアップ、足りない部分はフォローし合えます。

最後に、縦に積み重ねていくのは素晴らしいことです。ですがそれを横に広げた方が、自分だけではなくお互いが、より強くなります。違うジャンルならそれは他にちょっと真似出来ない内容になります。今、SNS時代でそれが可能です。

オリジナルより、「かけ算の法則」で発想出来る自分になりたいと思います。一緒にワクワクを楽しみましょう♪

オリエンタルエンタメ会議