【喜び】が持続力・継続力になる

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ある日、ふと思ったんですよ、僕自身はなぜ店販を売るのか?

僕は前サロンでも「店販! 店販!!」って厳しく言われる事もノルマもない環境で育ち(言われなかったけど皆、お互い意識して結果的に数字になってましたけどね)それは今も変わりません。

ですのでスタッフにも新商品やメニューの「紹介はしようよ。」と伝えますが[売る]事は伝えたつもりもないし、今後も伝えるつもりもありません。

*個人の価値観も最近は理解出来る様になりましたし。

例えば、店販商品を説明するにあたり先輩にアドバイスされるとしたら

・プライベートの会話も良いが美容室に来られてるんだから髪や美容の会話をしなさい。

・アシスタントの内からプレゼン力をつけなさい(スタイリストになったら責任者になるんだから)

・商品が売れたって事は説明内容が伝わったと言う一つのバロメーターになる

・お給料に反映されるので生活が豊かになる

色々な落とし文句はありますがキリがないのでこんな所でしょうか?

しかしこの記事を書いてる僕自身も店販は苦手な内の一人です(むしろ最初から得意な人っているんかなぁ?と)

「生理的に」

むしろ[店販]って響きがイヤですねぇー。売らないとダメ!みないな捉え方をしてしまう。

だから店販をしてる感覚はなく、まず自身が納得し目の前のお客様にとって必要な時に説明をしてるだけ。それはメニューも同じ感覚です(ここは美容師さんは同じかと…)

「少しの矛盾」

それは自身が良いと思いお客様にも使用して頂きたい、より多くの顧客様に明日から使って頂きたい。と思いが強くなると

明日から絶対に使って頂きたい!!

要は単に説明書を読み上げる事ではなくモノやメニューに対して自分の気持ちが入ってくる。

矛盾とはそう言う部分で最初に書いた[説明]だけではなく[使用してもらう為の売る気]に変化する。

変化するとお客様への話しの流れ、落とし所など徹底的に工夫する様になり、話す度にスムーズになりだします。

そうなると数字は一気に駆け上がります。

しかしそれだけが【僕自身はなぜ店販を売るのか?】に対して答えではなく

一つは自分本位な考えですが、売れた喜び(自分の思いが届いた。って感覚)

一つは次回感想を聞いた時に「ありがとう。」と言って頂いた時の嬉しさ(ご紹介して良かった)

喜びを感じるからです。僕はそれにつきます。

「提案→結果→感想」

それは置き換えると技術も同じだと思います。

技術提供なのか商品提供なのかの違いだけです。

例えば、うちの商品の中にはこんなモノもあります。

ただ値段が安いから→売れる。とは思いませんが安い方が購入時の気軽さは多少あるかと思い利益はほぼありませんが、こんな商品もあります。

まずは喜びと嬉しさを感じて欲しいと思います。

そして良い意味での欲を出して欲しいです。すると言われなくても自ずと目標を立てだすと思いますよ。

ただ目標が無くても良いと売り手が感じると結果は出ます。

この数字が多いかどうかは知りません。ただ短期間に一つの商品がこれだけ動くとは初めてではないかなぁ?

ちなみにこれは復元ドライヤーの予約販売数です(8/21日現在)

意識を更に高め年末に突入していきたいと思います。

これって世界一じゃあねぇーの?

はじめまして、大阪 心斎橋にある美容室 releaseの 竹中大です。【デザインとは素材が大切】をコンセプトに・デザイン・ケアの両方の提案を心がけサロンワークしています。お客様にしっかり“向き合う”を心がけ、お客様の『叶えたい』を大切に、提案&お手伝いを致します。こちらのBlogやLINEを通じお客様とのフィット性、ニーズの深い部分まで手助けが出来るようにと奮闘中です♪

ご予約、SNS→https://linktr.ee/hajimehair