今朝、いい記事を発見しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「ブログ毎日書いてダルくないの?(笑)」

こんなキャッチャーなタイトルから始まる記事を発見しました。

僕は毎日更新はしていないものの、週4~6記事くらいは投稿してると思います。

*自分は無理なのを理解してるので最初から「俺は毎日書くぞ!」と課せはしなかったなぁーww

しかし、この記事を書いた[渡邉さん]みたいな現象は僕も知り合いや美容師友達に会うと同じ様に質問された事ありますねぇ。

そもそも同じ様な問いかけでも印象が正反対なんですよね。

例えば、片方の内容は『結構更新してますよね? めんどくさいですか?』

もう片方の内容は『やってみると毎日更新するのって大変ですね?』

まぁー単純に肯定的か否定的か?の違いですが。

どちらとも言えるのは正直、

イヤなら止めればいいだけ。

それ、決めてんのはオメェだよ!って。

それだけです。 ただやらなければそれ以上は何も生まれはしないでしょう。

*もしかするとSNSに費やす時間をリアルに変えて得るものもあるでしょうが。まぁ~それはそれだわ。

では、なぜ書いてるか?

・今、SNSの時代だから。

・SNSをしてないと存在してないと同じ。

・集客や情報収集。

・情報発信やコミニュケーションetc…

こんな感じなのがよく上がってますが、その人個人にとってはそれぞれ全部正解でしょう。

ただその前に僕自身はSNSってただのツールとしての認識で、続けてるとそんな事もあるのかな?ってくらいで。

そのツールを使うか使わないか? 毎日するのかしないか? はホントどちらがいい。

しかし【書く】とは、例えばお題が一つの商品であればそれに対しリテラシーが身に付くので、お客様の質問にもすぐに答えれます。

んで、人のも読んで参考にし真似たら良い。(コピペはバカだかんねぇww)

それと、うちは会社の公式サイトってのがあり、一ヶ月に一回順番がくるんですが、書かない人もいれば書いてても

.。oO(あぁぁ~こなしてるだけだなぁ…)と感じてしまう人もいて。

ただ、スタッフで質問が有れば答えるし、無ければないでいいし。

スタッフですらこんな対応なのにそれがスタッフ以外となると、

やりたきゃやれ!

な、訳でして…

たまたま僕もやってるだけですから。

はじめまして、大阪 心斎橋にある美容室 releaseの 竹中大です。【デザインとは素材が大切】をコンセプトに・デザイン・ケアの両方の提案を心がけサロンワークしています。お客様にしっかり“向き合う”を心がけ、お客様の『叶えたい』を大切に、提案&お手伝いを致します。こちらのBlogやLINEを通じお客様とのフィット性、ニーズの深い部分まで手助けが出来るようにと奮闘中です♪

ご予約、SNS→https://linktr.ee/hajimehair