前髪を少し切るだけで、そんなに雰囲気が良くなる? forシンデレラプロジェクトVol.6

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シンデレラプロジェクト


どうも大阪 心斎橋 南船場 の美容師、自称キャラデコ(中野製薬)マスターのrelease 竹中です。

今回のモデルさん、昔に少しサロモやってたみたいで最近は全く。かなり間が空いてたけど、また少し始めてみようかな?

[before]

before撮りなのに、iPhone向けただけで笑顔ですww

[カラーリング]

あまり暗くしたくないって事なので退色して気になる赤、黄味を程よくキャンセルする事に。ラベンダーベージュ辺りを目指す事に。

[カット]

最初はしないつもりでしたが、前髪も長くほぼレイヤーがないワンレン状態。

ただ希望は『動き、浮きがほしい』と。

「なるほど、切りましょう~♪」って事になり、

重さはAライン気味に残しつつ、レイヤーヴェールで希望の髪の動きを叶える事に。

[メイク]

ほぼアイメイクは仕上がってましたが全体を均等に足す感じで。

[1スタイル目、仕込み]

[1スタイル目]

.。oO(この角度、常盤貴子に似てるって思うのは僕だけでしょうか…??)

[2スタイル目、仕込み]

もう暑くて暑くて、半袖です。でも末端冷え性で足先は冷たい…

[2スタイル目]

ミナミのアパレルで働いるので衣装バランス、小物など考えて持って来てくれたので、かなり助かりました~♪

あざした!

自分を変えたければ行動力がとても大切と思ってます。

行動したなら笑うことも重要です。行動力の先に楽しさがあり、経験値がインプットされます。

しかし、自身の本質は変えれません

私は「0→1の閃きは苦手です」なので閃きは違う誰かに任せ、実現させるための行動や構築は得意です。

またチームで挑めばお互いの得意分野をブラッシュアップ、足りない部分はフォローし合えます。

最後に、縦に積み重ねていくのは素晴らしいことです。ですがそれを横に広げた方が、自分だけではなくお互いが、より強くなります。違うジャンルならそれは他にちょっと真似出来ない内容になります。今、SNS時代でそれが可能です。

オリジナルより、「かけ算の法則」で発想出来る自分になりたいと思います。一緒にワクワクを楽しみましょう♪

オリエンタルエンタメ会議