何度も言うけど「そんなもんねぇーぞ?」

どうも大阪 心斎橋 (南船場 )の【立体的デザイン美容師】release 竹中です。

つい最近こんな記事を書いてみました。

では、今回のRカラーだろうが〇〇だろうが、アルカリ剤を使用したカラー剤で減力せずダメージ軽減するのは現状ある商品では無理です。

(多分… あるならごめんなさい。あるなら厚かましいですが、むしろ紹介して下さい。ファイバー〇レックス以外で)

*別に批判とか揶揄じみたつもりは全くなく、ただ単に自分のお客様には勘違いして欲しくない。
そんなつもりで書きました。

このまま読み進む前に是非一読を(読まないと伝わりづらいかと)

んで今朝こんな記事を発見した。

現時点で
ダメージが全くなく
髪色を変えられる薬剤は
存在していません。

そんなものがあるのであれば教えていただきたい。

例えばブリーチサプリメントと呼ばれるダメージ90%以上カットしてるとか言うあれも、減力することでダメージを抑えているだけで、無くしているわけではありません。

クリアブリーチと発想は同じです。

アルカリ抑えりゃダメージ抑えられる、その延長線でしょう。

最近話題のふぁいばーなんちゃらは処理剤ですから、ダメージを無くしていると言うより、

ダメージはしているけれどさもしていないような質感を作るもの。

と言う感覚です。

(本文より抜粋)

*是非是非、読んでみて下さいなぁ。

率直な感想としまして、「ぷはぁぁぁー!まさにその通りだわ! と言うかビンゴで同意見」

僕が書いた記事は(てか、ここまで読み進めてまだ読んでない方はどうぞ↑に)Rについて『ダメージ95%カット!』『ダメージレス! 最高!!』って書いてる方に少なからずも気を使いながら書いたつもり。

ただ正直に気を使わんでいいなら、こうです。

ほんと、そんなもんマジねぇーぞ?

(現時点では)

リフト力を減力させること無くカラーダメージを軽減は無理、絶対に無理!(現時点では)

そもそも理解出来てないなら単にヤバイし、理解してんのに商材の魅力さを狙って記事内容を盛ってたら更にヤバイ。

って僕ではなく、知り合いの美容師が言ってましたww

非常に共感出来た記事でした。

良きブログLifeを~♪

*是非一読を。

はじめまして、大阪 心斎橋にある美容室 releaseの 竹中大です。【デザインとは素材が大切】をコンセプトに・デザイン・ケアの両方の提案を心がけサロンワークしています。お客様にしっかり“向き合う”を心がけ、お客様の『叶えたい』を大切に、提案&お手伝いを致します。こちらのBlogやLINEを通じお客様とのフィット性、ニーズの深い部分まで手助けが出来るようにと奮闘中です♪

ご予約、カラー&ヘアケア特集はコチラ→https://linktr.ee/hajimehair

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告