ハワイ帰りにバッサリいく

どうも大阪 心斎橋で美容師してる【デザインとは素材が大切♡】竹中です。

担当しだして3年くらいかな? 今までイメチェンってほどの長さを切った事はなかった。

前回、来店の時にイメチェンの希望や相談をされて、3週間後のハワイ帰りにバッサリいくことに。

[before]

バチクソ長いッス。

でも仕上がりが肩上のボブとかになるとレングスがどれだけ長かろうがデザイン上、技術のやりにくさには影響なし。

なのでウェットカットは、ものの数分で終了ー。

そもそもウェットカットはパッパッっと終えるほうで、その方が乾かしてからの微調整や似合わせに時間を注げる。

逆にウェットカット、ドライカットの両方の時間が長かったら、、、

って、想像しただけでムリムリ(キャー! 肩こるー!!)

で、ちょっと参考までに。

ボブにもいくつものバリエーションがありまして、

例えばアウトライン。
前上がり、前下がり、フラットなど。

次にシルエット。
Aライン、ひし形、逆三角形など。

アウトライン、シルエットの組み合わせで、自身の印象、雰囲気をどう有効的に見せるか?

あっ、それと前髪。かなり印象を左右しますねぇ。

髪型もファッションもそうですが、誰にどう見られたいかが大事ですよね。

まぁー逆に『自分の好きな髪型、服装をしたい!』ってのも、一流であればイイと思う。

今回は大人っぽく、仕事の出来そうな印象を。(実際、働いてんのは最大手だしねぇ)

前下がりでバックトップにボリュームが感じられ、トップを長めに設定することで、重めシルエットで安定感や落ちつきのある大人な印象に。

はて? 前置きはこの辺で、メインはここから。

僕な普段、サロンでお茶を飲むために使ってるコップがありまして、購入して今年でかれこれ4年。

*ここで終わってもらっても大丈夫です。

スタッフ皆には、特に女子には『なんでそれにしたんですか?』って。

そう、ダルマです。

お客さん用とかスタッフのとか色々な、しかも似たり寄ったりでこれなら目について一番分かりやすいかなぁ?と。

んでまた話しは戻り、彼女は今回バッサリイメチェンしたわけですが、どこ帰りかと言うと、

ハ、ワ、イ帰りです。

そうそうお土産を買ってくれてました。

なんと!コップです。 ご丁寧にコーヒを入れたイラストも描かれています。

『ティーカップで飲むと言えばコーヒでしょ!』みたいな勘違いは止めてもらいたいものです。(僕はコーヒ飲めません)

また話しが逸れました、すみません。

コップ、大事に使います。キリのいいところで来年、2018年から使います。

本当にありがとうございました(o^^o)♪

12月、また東京から帰って来た時にお待ちしております~♪

はじめまして、大阪 心斎橋にある美容室 releaseの 竹中大です。【デザインとは素材が大切】をコンセプトに・デザイン・ケアの両方の提案を心がけサロンワークしています。お客様にしっかり“向き合う”を心がけ、お客様の『叶えたい』を大切に、提案&お手伝いを致します。こちらのBlogやLINEを通じお客様とのフィット性、ニーズの深い部分まで手助けが出来るようにと奮闘中です♪

ご予約、SNS→https://linktr.ee/hajimehair

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告